ダイミョウセセリ
 ダイミョウとは大名のこと、
 でも何処からその名が付いたのか不思議ですね。
 前に一度聞いたことがあるのですが、こう言った疑問の答えは案外忘れないもの・・・
 大名、つまりお侍さんは紋付を着ることが多く、この蝶の黒地に白斑が紋所に見えたそうです。
 幼虫は山芋の葉を食べるので身近に見られる蝶です。
 そうそう、この蝶は地域によって斑紋が変わっていて、これは静岡県のものですが、
 関西では後翅のまん中に白い帯があります。
 確か以前ひーちゃんのブログで見たことがありました。
a0209488_19255191.jpg

a0209488_1926917.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-07 00:03 | 自然の素晴らしい仲間たち
<<  The Sunrise of...  篠ノ井線姨捨駅のスイッチバック >>