東山白山神社神楽台
 春、秋の高山祭の屋台は有名で、春祭りには12台、秋には11台が曳き出されますが、
 実はまだ他にも現存する屋台があります。
 それは5月5日に催行される飛騨総社と東山三社の白山神社の祭に見られる神楽台です。
 今まで以前のブログでも紹介していませんでしたので、今年は思い切って取材に行って来ました。

 今回は白山神社の神楽台です。
 本当は蔵より曳き出される予定だったそうですが、生憎の怪しい空模様で蔵の中で見せて頂きました。
 詳しいことは下の写真の案内札をご覧になって下さい。
 少し小型ではありますが、彫刻や塗り、また幕に至るまで丁寧な飾りが施してあります。

 また今回、特別に屋台の裏側まで見せて下さった屋台番のご好意に感謝致します。
a0209488_17493358.jpg

a0209488_17494438.jpg

a0209488_1749536.jpg

a0209488_1750286.jpg

a0209488_17502170.jpg

a0209488_17502939.jpg

a0209488_17503879.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2012-05-07 00:34 | 飛騨からのあれこれ
<<  飛騨総社神楽台  スーパー・ムーン >>