<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
 ホタルブクロ
 夏の山道でよく見かけるホタルブクロは結構人気の山野草です。
 所によっては白いシロバナホタルブクロもあるのですが飛騨では専ら薄紫のホタルブクロがほとんどのようです。
 名前のようにホタルを閉じ込めて提灯に・・・なんて想像してしまいますね。
a0209488_6372219.jpg
 
a0209488_6374454.jpg

a0209488_638111.jpg

a0209488_6381415.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-31 00:03 | 山野草
 聖高原
 長野県の北信地方へ行く時は最近は高速道路を利用するため通らなくなった聖高原。
 この日は時間があったので久し振りに峠を越えてみました。
 夏休みに入ったせいか人出は多く、特にヘラブナ釣りの太公望で賑わっていました。
 しかし昔であればもっと手漕ぎのボートも湖面を滑っていたはず、
 道路脇にある観光用の建物も何時の間にか閉店してゴーストタウンのようになっていました。
 やはり確実にお客は減っているようです。
 それでも出会ったブラジルからの新婚旅行中のカップルもいて、名所の一つであることは現在でも健在なようです。
a0209488_617598.jpg

a0209488_6181273.jpg

a0209488_6182660.jpg

a0209488_6184372.jpg

a0209488_619084.jpg



[PR]
by sikisai02 | 2015-07-30 00:03 | 気ままにお出かけ
 オオウラギンスジヒョウモン
 大型のヒョウモンチョウの仲間でも昔は少なく飛騨でも珍しい部類に入っていたオオウラギンスジヒョウモン、
 でも最近では普通に見られ、ひょっとしたら一番多い種かも知れません。
 幼虫はタチツボスミレなどのスミレ類の葉をを好んで食べるので里山など広く分布しています。
 今回は高原に咲くクガイソウに蜜を求めて飛来していました。
a0209488_14454610.jpg

a0209488_14455793.jpg

a0209488_1446786.jpg

a0209488_14461725.jpg


More 動画もご覧下さい。
[PR]
by sikisai02 | 2015-07-29 00:03 | 自然の素晴らしい仲間たち
 何時もの風景 (2015年盛夏)
 ”何時もの風景”にも夏休み最初の日曜がやって来ました。
 夏空の下、より逞しくなったような気がするこの風景、国道を通る車も数を増した様に思えます。
 ちょうど今がこの集落が一番華やぐ季節かも知れませんね。
a0209488_16595470.jpg

a0209488_170649.jpg

    ※ 画像サイズをどちらも大きくしてあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-07-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ
 栃の実の実る頃
 5月から6月の初めに花が咲いていたと思っていたら、先日の山歩きの時には既に実になっているのを見かけました。
 もちろんまだ熟してはいませんが、すっかり形になっていますね。
 この実の付き具合から推ると豊作とまでは行かないようですね。
a0209488_18412978.jpg

a0209488_18414144.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-27 00:03 | 日々の発見
 ミヤマカラスアゲハ
 何処の小学校も夏休みに入りましたね。
 昔は夏休みの宿題と言えば決まって「なつの友」と「昆虫採集」など自由研究がありました。
 昆虫採集では友達と競って種類を集めたものでしたが、カブトムシ、クワガタムシはもちろん、大きなミヤマカラスアゲハも人気でしたね。
 幼虫はキハダなどのミカン科の葉を食べるので、飛騨ではキハダのある山道に吸水に訪れているのを見かけます。
 1頭が止まっていると次から次へと着陸し、大きな集団になることもあります。
 蝶は美しいものが多いですが、以前女性を対象に「一番美しいと思うのは?」の問いに、1位はこのミヤマカラスアゲハでした。
a0209488_6484223.jpg

a0209488_6485484.jpg

a0209488_649619.jpg

a0209488_6491857.jpg


More 動画もあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-07-26 00:03 | 自然の素晴らしい仲間たち
 ハナウド
 セリ科でこのような花の植物の種類は多いです。
 普通大きなものだと迷わず「シシウド」と思いますが、これはシシウドでもミヤマシシウドでも無くハナウドです。
 違いは深く切れ込んだ鋭い葉です。
 シシウドなどは丸みがあるので区別も簡単、またオオカサモチはもっと細かく切れ込んだ葉っぱなのでそれとも区別が付きます。
 野外で見かけたら思い込まず詳しく調べてみると良いですね。
a0209488_647048.jpg

a0209488_6471494.jpg

a0209488_6472496.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-25 00:03 | 山野草
 タカ
 かなり上空を弧を描くように滑空する大きな鳥がいました。
 普通は「トビだろう」と一瞥するだけですが、今回のは少し雰囲気が違って見えました、
 「ひょっとしたらタカ?」とも思い、超望遠で引っ張って写して拡大して見たらトビらしい羽根の裏の模様がありません。
 どうもこれはタカの仲間のようですが逆光線だったので良く判りませんでした。
 標高は1400m程の地なのでクマタカなどの可能性もあるのですが・・・
a0209488_6443246.jpg

a0209488_6444269.jpg

a0209488_6445281.jpg

a0209488_645429.jpg

a0209488_6451415.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-24 00:03 | 自然の素晴らしい仲間たち
 化石探しは楽し
 山歩きの途中で河原に降りて化石を探してみました。
 以前にも紹介しましたが飛騨の北部は化石の露岩地が多くあり、特に河原には様々な化石が見られます。
 化石素人の私にはいったい何の化石なのか判らないものも多いですが、見付かると古代のロマンに触れたようで、
 遠い昔に思いを馳せるのも楽しいものです。
a0209488_1791724.jpg

a0209488_1794563.jpg

a0209488_1795797.jpg

a0209488_1710919.jpg

a0209488_17102123.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-23 00:03 | 山歩記
 ヤナギラン
 ランと名が付いてもランの仲間ではありませんが、花弁の形が似ているところから名付けられたのでしょう。

a0209488_1931394.jpg

a0209488_19311817.jpg

a0209488_19313368.jpg

a0209488_19314693.jpg

a0209488_19315914.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-22 00:03 | 山野草