<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
 ヤグルマソウ
 キク科のヤグルマギクをヤグルマソウと呼ぶことがありますが、今回は本当の?ヤグルマソウです。
 この葉を見た時、思い浮かぶのは鯉幟の竿先にある風車(矢車)ですが、名の由来はその矢車から来ているそうです。
 案外花の時期に見ることが少ないので咄嗟に花の形を思い出せないものですが、
 茎の先端に円錐状の花序を付けた花は遠くからでも認識出来て、改めて思い出すことが出来るのではないでしょうか。
a0209488_18334437.jpg

a0209488_18343697.jpg

a0209488_1835825.jpg

a0209488_18352164.jpg

a0209488_18353313.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-30 00:03 | 山野草
 月と惑星
 昨日の夕方、と言っても8時頃ですが、西の空に明るい星が二つ並んで観えました。
 大きな方は金星で宵の明星、少し離れた位置に観えるのが木星です。
 月の位置が離れているので惑星は明るく見られました。
 月はまだ少し欠けているので満月は少し先ですね。
a0209488_20421184.jpg

     ↑ 明るい星、右下が金星で左上に木星、更にその左上にはしし座が観られました。

a0209488_2042259.jpg

     ↑ 月には雲が掛かっていますが、月の左下に土星、その左にはさそり座が拡がっています。

a0209488_20423785.jpg

     ↑ 調べてみたら月例は11.9とのことでした。
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-29 00:03 | 日々の発見
 鳥取砂丘
 久し振りに鳥取砂丘へ行って来ました。
 過去に何度か行っている場所なので迷うことなく行けますが、行くたびに新しく高速道路が延長されているので段々楽になります。
 それでも高速利用で片道6時間以上は掛かりますから決して近いとは言えませんね。
a0209488_2037752.jpg

a0209488_20372139.jpg

a0209488_20373236.jpg

a0209488_20374292.jpg

a0209488_20375232.jpg

a0209488_2038241.jpg

a0209488_20381470.jpg

     ※ 6枚目、7枚目の画像サイズを大きくしてあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-28 00:03 | 気ままにお出かけ
 新穂高 野生の熊
 山歩きをしていると毎年何処かで熊に遭遇しますが、先日は新穂高からの登山道に程近い場所で出遭いました。
 この時は熊との距離があったので安心して見て居られましたが、近ければきっとビックリしたことでしょう。
 この熊、多分アリでも探しているのでしょう、しきりに地面に鼻をこすり付けていました。
 視力よりも嗅覚が優れている熊、私とどちらが風上、風下と言うことも無く平行に風が流れていたので熊も私には気付く様子も無かったです。
 今年も秋までにまだ熊には出遭うと思いますが、なるべくこんな距離であって欲しいです。
a0209488_2095382.jpg

a0209488_2010871.jpg

a0209488_20101971.jpg


More 動画もご覧下さい。
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-27 00:03 | 山歩記
 動画で見る無名湿原の花たち
 今年の無名湿原の花たちを数回に分けて紹介しましたが、動画も撮って来ましたのでご覧下さい。
 また今度は何時行けるか分かりませんが、登山道は荒れる一方なのでヤブ漕ぎで見失うこともしばしばです。
 整備されることを願っていますが、この場所は特別に公園とかで解放されている場所では無く知る人ぞ知る的な湿原ですから無理でしょうね。
a0209488_12162597.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-26 00:03 | 山歩記
 無名湿原の花たち (その他の花)
 無名湿原の花、いくつか個別に紹介して来ましたが、写真の数が少ない物をまとめて最後にしたいと思います。
 この他にまだ咲いていませんが無名湿原には今、葉だけが見られるイワイチョウ、ニッコウキスゲ、カライトソウ、
 その他シラヒゲソウやウメバチソウなどたくさんの花がこれから咲いて来ます。
 その頃にも行って見たいのですが、真夏のヤブ漕ぎは大変で視界が悪く熊との遭遇も危険なのでなかなか行くことが出来ません。
a0209488_1250855.jpg

     ↑ ヒメイチゲ

a0209488_12501997.jpg

     ↑ タムシバ

a0209488_12504177.jpg

     ↑ オオカメノキ (ムシカリ)

a0209488_12505252.jpg

     ↑ ミツバオウレン

a0209488_1251885.jpg

a0209488_12512331.jpg

     ↑ ムラサキヤシオツツジ (上2枚)
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-25 00:03 | 山野草
 無名湿原の花たち (今年最後のミズバショウ)
 今年も何度かミズバショウを記事にしましたがおそらくこれが最後となります。
 無名湿原にもたくさん咲くこのミズバショウ、前回はまだ少し早めだったので蕾が多かったですが、 今回は逆に少し遅めでした。
 多雪地帯の標高の高い所は満開のタイミングを合わせるのが難しいです。
 年に何度も行ける場所では無いので当然ですが・・・
a0209488_1632529.jpg

a0209488_1633846.jpg

a0209488_1635087.jpg

a0209488_164215.jpg

a0209488_1641658.jpg

a0209488_1642630.jpg

a0209488_1643899.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-24 00:03 | 山野草
 コシアブラ
 もう既に平地では終わってしまったコシアブラ(木の芽)の山菜。
 それでも標高の高い所では今が旬です。
 何だか忘れた頃の恵みなので嬉しくなって少し収穫して来ました。
 天ぷらとお浸しにしましたがまだまだ春の香りがしましたよ。
a0209488_19354584.jpg

a0209488_1936476.jpg

a0209488_19362247.jpg

a0209488_19363290.jpg

a0209488_19364474.jpg

a0209488_1936552.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-23 00:03 | 山菜と木の実
 無名湿原の花たち (ワタスゲ)
 このワタスゲは私のブログにとっては馴染の花で、
 最初に始めた”四季彩日記”の一番最初、2003年7月の記事に登場しています。
 その時はこの無名湿原の東にある北ノ俣岳草地のものを紹介していますが、高層の湿原には広く見られます。
 花らしくない花ですが、この花を見ると湿原に居ることを実感します。 
a0209488_1932060.jpg

a0209488_19321530.jpg

a0209488_19323027.jpg

a0209488_19324767.jpg

a0209488_1933678.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-22 00:03 | 山野草
 無名湿原の花たち (タテヤマリンドウ)
 タテヤマリンドウはハルリンドウの高山型の変種とされ本州中部の日本海側以北に分布し、
 ある程度標高を持った湿原などを好んで自生する種です。
 飛騨の富山県境の湿原でも良く目にすることが出来ますがこの無名湿原には多いです。
 リンドウと言えば濃い紫を思いますが咲くのが夏前だからか薄い空色もどこか清々しいですね。
a0209488_18511472.jpg

a0209488_18513035.jpg

a0209488_18514614.jpg

a0209488_18515969.jpg

a0209488_18521651.jpg

a0209488_1852315.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-21 00:03 | 山野草