<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
 種蔵の石垣棚田
 板倉のある種蔵集落、その上部には石垣で築いた棚田が美しい幾何学の模様を見せてくれます。
 最初にこの場所へ登った時は、その堂々とした姿に何処か別天地へ足を踏み込んだような気さえしました。
 この石垣棚田は比較的新しく、昭和になって集落の住人が増えたことで新しく開墾して田畑を作ったとされています。
 今は米余りの時代となったからでしょうか、最近は蕎麦や特産の茗荷などに転作されたようです。
 田畑の脇には近くの谷川から引いた水が勢い良く流れていて、水も豊かな地を感じさせていました。
a0209488_20272242.jpg

a0209488_20273687.jpg

a0209488_20275951.jpg

a0209488_20281058.jpg

a0209488_20282118.jpg

a0209488_20283215.jpg

a0209488_20284343.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-31 00:03 | 飛騨からのあれこれ
 板倉のある集落 (種蔵)
 池ケ原湿原のミズバショウを見た後で麓の種蔵集落へ立ち寄ってみました。
 ここは板倉と石垣棚田が有名で以前にも紹介したことがありましたが覚えておられるでしょうか?
 その時に比べて最近は観光客も増えたのでしょう、看板も充実し、宿泊施設も造られていました。
 飛騨市でもきっと地域興しに力を入れているのでしょう。
 私にとっては子供の頃の見慣れた風景ですが、今ではこのように田舎そのものが残されている場所は少なくなりましたね。
a0209488_1003968.jpg

a0209488_1005327.jpg

a0209488_1021550.jpg

a0209488_1022579.jpg

a0209488_1023810.jpg

a0209488_1024865.jpg

a0209488_1025910.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-30 00:03 | 飛騨からのあれこれ
 エゾハルゼミ
 一匹のセミが飛んで来てズボンに止まりました。
 私の足を大木と勘違いしたなら失礼なセミです。(笑) 
 一見、ヒグラシやミンミンゼミか?と思うような緑褐色の胴体に透明な翅を持つセミですが、
 初夏も早くに現れることから直ぐにこれはエゾハルゼミと判ります。
 「♪ミョーキン、ミョーキン、ケケケケ・・・」と大合唱が森に響き渡るともう初夏ですね。
 まだ山道では春の名残を楽しみたいのに一気に夏へと誘ってくれるようで季節の進みを感じます。
a0209488_9422897.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-29 00:03 | 自然の素晴らしい仲間たち
 帰港
 朝早くに漁船が定置網を揚げているのを見ました。
 網を揚げる作業は大変でたくさんの漁師が並んで網を手繰るのがお馴染ですが、最近はクレーン付きの小型漁船もあるのですね。
 網を揚げたら魚が新鮮なうちに港へ急ぎます。
 近くの港へは次から次と漁を終えた船が朝日を浴びて帰って来ます。
 この日は海も穏やかで波も高くなかったのでたくさんの魚を持ち帰ったことでしょう。
a0209488_9252130.jpg

a0209488_9253148.jpg

a0209488_925402.jpg

a0209488_9255057.jpg


More 動画もあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-05-28 00:03 | 気ままにお出かけ
 エンゴサク (なかなか難しい植物の分類)
 山道を歩いていてエンゴサクの花に気付きました。
 エンゴサクの仲間はたくさん有り、また変種も多いので咄嗟に名前が出て来ません。
 分布域からすればエゾエンゴサクかヤマエンゴサク、若しくはキンキエンゴサクのエリアなのですが、
 普段見ているエンゴサクとは葉の形が違って著しく細いのです。
 「はて?」と迷うばかりです。
 ・・・と言うのもこれだけ細いとホゾバエンゴサク?と結論付けるのが簡単ですが、ホソバは本州以南では見られないとのことです。
 花期が終わって種子を調べたら判るのですが、見付けた場所へまた行くことも無いだろうと・・・
 なのでやはりここは「エンゴサクの一種」と言うことで紹介しておきます。
 いい加減な名を付けておいてネット検索された方が正しい名前と信じてしまうと大変ですからね。
a0209488_9163929.jpg

a0209488_9165330.jpg

a0209488_917380.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-27 00:03 | 山野草
 大多和峠からの眺め
 岐阜県と富山県境の有峰大多和峠は有料の有峰道路が開通すれば山之村回りで入れる場所ですが、
 開通はまだ先なので片道9Kmの山道を佐古集落より歩いて行って来ました。
 以前であればその林道も通行は可能でしたが大多和の料金所は閉鎖となり、
 それに伴って車での通行が禁止となってしまいました。
 でも途中にはまだ残雪があり木々の緑も色鮮やかで、
 それに何より好天に後押しされ気持ちの良い山歩きが出来ました。
a0209488_6402888.jpg

     ↑ 峠の辻から観る飛騨山脈です。

a0209488_6403927.jpg

     ↑ 中央には薬師岳が・・・

a0209488_6405139.jpg

     ↑ 右端には北ノ俣岳と黒部五郎岳、

a0209488_64118.jpg

     ↑ 左端に立山連峰が観られます。

a0209488_6411271.jpg

     ↑ 中河与一の小説「天の夕顔」の碑


[PR]
by sikisai02 | 2015-05-26 00:03 | 山歩記
 池ケ原湿原 3
 池ケ原湿原の写真は全部で400枚以上撮ったのですが同じようなアングルが多いのでそろそろ終わりにしたいと思います。
 今回は最後に動画もリンクしましたのでそちらもご覧下さい。
a0209488_11442336.jpg

a0209488_11444138.jpg

a0209488_11445419.jpg

a0209488_11451246.jpg

a0209488_11452556.jpg

a0209488_11454174.jpg

     (今回はすべての画像いサイズを大きくしてあります)

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai02 | 2015-05-25 00:03 | 山歩記
 池ケ原湿原 2
 池ケ原湿原にはミズバショウの他にザゼンソウやリュウキンカが見られます。
 特に今回はミズバショウが終わりかけていたのでその分リュウキンカは満開でした。
 微妙に毎年開花時期が違うようですが、リュウキンカの方が何時も遅いです。
 今日はリュウキンカの写真をメインに載せました。
a0209488_11181490.jpg

a0209488_11182861.jpg

a0209488_11184490.jpg

a0209488_11185851.jpg

a0209488_11191450.jpg

a0209488_1119263.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-24 00:03 | 山歩記
 池ケ原湿原 1
 「♪夏が来れば 想い出す~」のミズバショウを見に池ケ原湿原へ行って来ました。
 今回も4月初めの”雪割草ツアー”の方たちと一緒だったので散策も楽しかったです。
 目当てのミズバショウは係りの人の話では、ここ数日の好天で開花も進み、もう末期だとか・・・
 それでもまだ我々を待っていてくれた株もたくさん有って堪能しました。
 例によって写真をたくさん撮って来ましたので数回に分けて記事にしようと思います。
 先ず今回は早速ミズバショウをご覧下さい。
a0209488_17132460.jpg

a0209488_17133912.jpg

a0209488_17135516.jpg

a0209488_1714538.jpg

a0209488_17141746.jpg

a0209488_17143064.jpg

     (最後の画像サイズを大きくしてあります)
[PR]
by sikisai02 | 2015-05-23 00:03 | 山歩記
 何時もの風景 (2015年初夏)
 毎年5月15日に開通する乗鞍スカイライン、開通と同時に山開きとなります。
 今年は豪雪で大変な冬でしたが、里から見上げると随分残雪も少なくなって来たように見えます。
 乗鞍へ登れるようになるとこの国道も交通量が増え、特に大型観光バスが結構走ります。
 道路脇、最近は畑で”あぶらえ”や”そば”などを作っていましたが、今年は田んぼにして米作ですね。
     (最初の画像はサイズを大きくしてあります)
a0209488_1635069.jpg

a0209488_164262.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-05-22 00:03 | 何時もの風景