<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
 ホタルイカの季節ですね。
 そろそろホタルイカが旬を迎えます。
 ホタルイカは早くは3月の初め頃から山陰や能登半島の西側でも水揚げされますが、
 やはりこの時期の富山湾産は一回り大きくなり卵を持ったりしているので美味しさが違います。
 毎年この時期には一度は食べないと季節を感じられません。
 今回は浅葱と一緒に酢味噌和えにしました。
a0209488_2023564.jpg

a0209488_20232247.jpg

a0209488_20233294.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-31 00:03 | たかが男の料理
 古いスケッチより・・・(七福神面)
 古いスケッチ帳からもう一点・・・
 これは七福神のお面ですから七面で1セットとなります。
 師匠の得意な面は般若でしたので七福神は私が他から学んだものでした。
 飛騨高山の一位一刀彫はいくつかの流派が有りそれぞれに得意を持っています。
 もちろん弟子の頃は他の流派の得意は彫ることが許されず年季明けしてからですが・・・

 スケッチにはそれぞれ顔の半分と上からや横からなど特徴の部分も描いてあります。
 1.7寸とあるのは木取りの時の面の厚みのことです。
 この型さえあれば今でも彫ることが出来ます。

 七福神の面も手元に実物は残っていませんが、確か写真に撮ったと思います。
 探して出て来たらまた記事にしたいと思います。
a0209488_19125748.jpg

      ↑ 大黒天

a0209488_19131049.jpg

      ↑ 恵比寿天

a0209488_19132293.jpg

      ↑ 寿老人

a0209488_19133270.jpg

      ↑ 布袋

a0209488_19134059.jpg

      ↑ 弁財天

a0209488_1914388.jpg

      ↑ 福禄寿

a0209488_19141692.jpg

      ↑ 毘沙門天
[PR]
by sikisai02 | 2015-03-30 00:03 | スケッチ・イラスト
 福寿草が咲き始めました
 高山市丹生川町の福寿草の自生地は土手が北向きなのでまだ残雪があります。
 それでも溶けた場所から少しではありますが福寿草が開花していました。
 見頃になるのは4月の10日頃になるでしょう。
a0209488_2013994.jpg

a0209488_2013218.jpg

a0209488_20133326.jpg

a0209488_201343100.jpg

a0209488_20135576.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-29 00:03 | 山野草
 古いスケッチより・・・(道明寺十一面観音)
 書棚の下段のアルバムの横に昔のスケッチブックがあります。
 ほとんど開くことが無いので処分しようかと思いましたが、何を描いたのか気になり開いてみました。
 この一冊には彫刻用のスケッチが何点かありました。
 今日のはその1枚の道明寺十一面観音像です。
 この仏像は数体彫った記憶がありますが、何処へ嫁いだのか記憶にありません。
 もちろん仕上がりの写真も撮らず終いだったのが残念です。
a0209488_1992420.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-28 00:03 | スケッチ・イラスト
 高速道路の工事が始まっています
 長野県松本市と福井県福井市を結ぶ中部縦貫道は部分部分で完成し供用されていますが。
 ほとんどの区間は未着工です。
 それでも現在、高山インターから丹生川インター間の工事が進められています。
 これで完成後は高山市から松本市へ少しは時間が短縮出来そうです。
 しかし全線が開通するのは予定にも上っていません。
a0209488_1858849.jpg

a0209488_18582152.jpg

a0209488_18583255.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-27 00:03 | 飛騨からのあれこれ
 サザエ
 夏のバーベキューには欠かせないサザエ、近海の魚介類としても外すことの出来ない存在ですね。
 渦巻きに巻いた巻貝で、岩礁に棲んでいるので岩に似せた保護色をしています。
 少々身が硬いので噛み切るには歯が丈夫でなくてはいけませんが、噛めば磯の香りが口中に広がります。
 海水浴に行くと必ず海の家で貝を焼いて売っていて、サザエを焼く匂いにはついつい惹かれてしまいますね。
a0209488_19332258.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-26 00:03 | スケッチ・イラスト
 大雪の災害
 昨年の暮れには大雪による災害が飛騨では多く起こりました。
 湿った雪が大量に降ったことで重みに耐えられなくなった樹木が折れたり根こそぎ倒れたりして、
 電線を切ったことで長時間の停電も余儀なくされました。
 郊外を車で走るといたるところでこのような光景に出遭います。
 特に多いのは杉の木で松や広葉樹も見られますがほとんどは針葉樹です。
 普段あまり気付くことが無いと思いますが、植林地の多いことに改めて驚かされます。
a0209488_191430.jpg

a0209488_1911871.jpg

a0209488_1913064.jpg

a0209488_1914491.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-25 00:03 | 飛騨からのあれこれ
 ゆうすげ
 ユリの仲間で夕方になると花開くことからこの名がある”ゆうすげ”、何となく季節にピッタリの感じがします。
 それはまるで日が長く夕暮れが遅い夏、浴衣姿の風呂上がりの美女を何となく連想させるようなロマンチックな花のようです。
 ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)と同じキスゲの仲間ですが、他にもよく似た花がありますね。
 ヤブカンゾウやノカンゾウ、トウカンゾウなども皆、大きくはユリ科の野花です。
 時々それらの雑種も見付かっているようで興味が湧きます。 
a0209488_1826657.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-24 00:03 | スケッチ・イラスト
 何時もの風景 (雪溶けも進んで・・・)
 昨年からの大雪も時期柄、温かな雨や太陽の熱で随分溶けました。
 しかし路肩や畑には所々まだまだたくさんありますね。
 里の雪がすっかり無くなるといよいよ奥飛騨に遅い春がやって来ます。
 あと少しで鶯の初鳴きも聞こえるかも知れません。
a0209488_8145842.jpg

a0209488_8151035.jpg

a0209488_8152040.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-23 00:03 | 何時もの風景
 テントウムシ
 テントウムシの仲間はたくさんいます。
 翅の表にある斑紋の数が名前になっているものも多く、ヨツボシテントウ、ナナホシテントウ、トホシテントウ、ジュウサンホシテントウなどがありますが、
 ジャガイモなど野菜の害虫で知られるニジュウヤホシテントウやオオニジュウヤホシテントウ以外は概ね好意的に人間に思われているようです。
 それもテントウムシの幼虫はこれまた害虫のアブラムシ類を食べてくれるので益虫ということからでしょうかね。
 ともあれまん丸の殻の硬い虫はどことなくユーモア感もあって好かれるのでしょう。
a0209488_18115822.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-03-22 00:03 | スケッチ・イラスト