<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
 今年も年取り魚は鰤で・・・
 昔、飛騨は冬に富山から鰤が運ばれて来て高山で塩鰤として調整されたものを信州まで運んだことから「飛騨鰤」の名があります。
 そんな関係からか飛騨のほとんどの家庭では大晦日の年取りの魚は鰤の塩焼きで祝います。
 今年も天然10k物の汐鰤の良い切り身を買うことが出来ました。
 他のご馳走と一緒に1年の労をねぎらいながら食べさせて頂きます。
a0209488_15324560.jpg

 今年1年この拙いブログにご訪問して下さいましてどうも有難うございました。
 来る2015年が皆様方にも良い年でありますことを切に願っております。
 また来年も相変わらずよろしくお願い致します。
 どうぞ良い年をお迎え下さい。
[PR]
by sikisai02 | 2014-12-31 00:03 | ご挨拶
 「お~い 西山寄らずにどこへ行く・・・」
 「お~い 西山寄らずにどこへ行く! 無いものはない!」と石川県のラジオのCMで流れている西山パーキングエリアは能登半島の”のと里山海道”上り線にあります。
 このパーキングには野菜と魚の産直店があり、特にその日に定置網から揚がった魚は新鮮で人気があります。
 1匹売りはもちろん箱売りが安く、「でも小人数なので・・・」と思案しますが、お土産にしても喜ばれるので買って帰ります。
 1000円、1500円で大人買いした気分になりますよ~
 この日は鯵やメジナが安く1箱1500円で数え切れないほど入っていました。
a0209488_4234985.jpg

a0209488_424610.jpg
 
a0209488_4241993.jpg

a0209488_4243060.jpg

a0209488_4244047.jpg

a0209488_4245259.jpg

a0209488_425263.jpg



[PR]
by sikisai02 | 2014-12-30 00:03 | 気ままにお出かけ
 長崎天ぷら
 ネットは本当に便利なものですね。
 飛騨では普通の天ぷらももちろんありますが、田舎天ぷらと言って衣に味が付けてあるのがスーパーでも売っていますし、
 また家庭でも揚げられています。
 醤油や味噌味が多いのですが、その分量を知りたくてググって見たら同じような味付け天ぷらで”長崎天ぷら”なるものを発見!
 面白そうなので私も揚げてみることにしました。
 小麦粉、卵、砂糖、塩、酒、水で衣を作り、種はさつま芋、いんげん豆、かぼちゃ、海老、鶏の笹身を普通に揚げるだけで完了です。
 塩味なのであっさりとしていて冷めても美味しかったです。
a0209488_16431525.jpg

a0209488_16434662.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-29 00:03 | たかが男の料理
 入院していました。
 この”ねじきのもり”は今のところ半月ほど先までの記事を既にアップしているので気付かない方も居らっしゃたかも知れません。
 でもブログのコメント返しが無かったので「もしや?」と思われた節があったと思いますが、その「もしや」でした。
 ちょうど大雪で停電が始まった頃体調を崩して病院へ・・・
 お蔭様でこうして家に帰ることが出来ましたが、同じ病で度重なる入院に今後はもっと健康に留意しなければならないと痛感しました。
 ご心配して頂きどうも有難うございました。

 また高山赤十字病院のDr.や看護師の皆様には大変お世話になりました。 
 入院していて思ったことは看護師さんたちの仕事がいかに大変かと言うことです。
 入院の経験をしてみなければ分からないことですが、実際に献身的に尽くされる姿は本当に頭が下がります。
 介助のお蔭さまで術後の経過が良く退院させて頂きました。
 どうも有難うございました。
a0209488_545747.jpg

a0209488_188241.jpg

a0209488_1882067.jpg

a0209488_1883276.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-28 00:03 | その他
 昔の学校給食 (タラスティック)
 戦後学校給食が始まりお昼は学校で出される給食を食べることになりました。
 しかし当時としては珍しいメニューが多かった割には不評なものもいくつかあって脱脂粉乳などはその良い例でした。
 私は案外飲める方でしたが残す児童の方が多かったですね。
 そんな中でほとんどが「美味しい」と記憶にあるのがタラスティックのようです。
 しかしネット検索してもあまりヒットしないのですね~
 「昭和も遠くなりにけり」でしょうか、最近はとんと見かけることもなくなってしまいました。
 そこでその味を懐かしんで自分で作ってみることにしました。
 また何時ものように試行錯誤です。
a0209488_9374726.jpg

    ↑ 今回使ったのは三枚におろして皮を剥いてある状態の真鱈です。

a0209488_938380.jpg

    ↑ 半分はフードプロセッサでミンチにし(右)、半分は食感を残すため荒みじんにします(左)。

a0209488_9381563.jpg

    ↑ こんな感じです。

a0209488_9382684.jpg

    ↑ 両方を混ぜて片栗粉と塩胡椒を加えて形を整えラップで包み冷蔵庫で一日寝かせます。
      そうすることで美味しさがUPします。

a0209488_16305858.jpg

    ↑ 小麦粉を付け天ぷらの衣ほどの溶いた小麦粉を潜らせ、パン粉を付けて160℃と190℃位で二度揚げして出来上がり。

a0209488_16311348.jpg

      食べた感想・・・ 給食で食べたのより美味しく出来ました。
      もう少し食感を残すために大き目のブツにした方が良いかも知れません。
      でも繋ぎも必用なので半分はミンチが良いと思います。
      それから、ソースを掛けて食べない時は塩胡椒を強めにすると味が締まります。
[PR]
by sikisai02 | 2014-12-27 00:03 | たかが男の料理
 ウスヒラタケ
 今年のキノコ狩りの最後はナメコで締めくくったつもりでしたが、先日ウスヒラタケに出会うことが出来ました。
 もちろん飛騨ではもう雪で真っ白なので他ですが、このように雪が少ない地域ではキノコは冬にでも出ます。
 主に柳などの腐りの入った部分に発生する香りの良い美味しいキノコです。
 ヒラタケより少し傘が薄いのでこの名があります。
a0209488_4324621.jpg

a0209488_4325867.jpg

a0209488_433835.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-26 00:03 | きのこ
 焼き豚のチャーハン(焼き飯)
 先日手作りした焼き豚を使って焼き飯にしました。
 高山市の新宮町に以前”新宮中華”と言う中華そば屋さんがありました。
 今は残念ながら廃業されたので食べることも叶いませんが、その店の中華そばはもちろん付け合わせのチャーハンがとても美味しかったです。
 焼き豚入りの焼き飯は何処にでもあるのですが、新宮中華は必ず生のチャーシューを使っていたのでジューシーで、
 パラパラに解れたご飯と良いアクセントになっていて食感、味とも満足の一品でした。
 それを真似て今回作ってみました。
 『感想』・・・・「まあまあ、近い味が出せたと思います」
 やはり冷凍していない焼き豚は美味しいです。
 好みで紅生姜をあしらっても更に美味しいでしょう。
a0209488_13161880.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-25 00:03 | たかが男の料理
 魚のアメ横 寺泊魚の市場
 暮れ近くになると関東方面からも大型バスで買い物ツアーなどで賑わう新潟の寺泊は、10軒ほどの大きな鮮魚店が軒を連ねて魚好きにはたまらない場所です。
 冬は何と言ってもカニでしょうね~
 地物は高額なのでもちろん輸入品と思いますが、結構な安値で例えばベニズワイガニなどは3杯で1000円を切ることも・・・
 そして鮮魚も品数豊富で、まさに水族館の様相なので見て歩きも楽しめます。
 頼めば大きな魚もおろしてくれるので便利です。
 
a0209488_20252274.jpg

a0209488_20253737.jpg

a0209488_20254886.jpg

a0209488_2026219.jpg

a0209488_20261866.jpg

a0209488_20263370.jpg

a0209488_20264429.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-24 00:03 | 気ままにお出かけ
 熊肉の味噌煮込み鍋
 今年の春に買って来た熊肉が冷凍庫にありました。
 半年経過していますから早目に食べた方が良いですね。
 さて、どんな風にして・・・と思案したのですが、時雨れ煮だと調味料の味が勝ってしまいます。
 また煮込みにすると一度で食べ切れないので残ってしまうし、やはりここは定番の熊鍋で行こうと思いましたが、
 ちょっと変わった鍋で”味噌煮込み鍋”としました。
 部位にも依りますが熊肉って結構硬いところが多いので先ず柔らかくすることから始めます。
 私の方法は擂り下ろした玉ねぎと味噌を合わせてその中に丸一日浸けて置く方法ですが、今回はパイナップルも使いました。
 浸かったら味噌をさっと洗い流して野菜とリンゴ(リンゴは途中で取り出します)などと一緒に炊き込みます。
 味付けはもちろん味噌味で・・・でも浸けて置いた味噌は捨てて新しい味噌を使いますよ。(^^;
 他の調味料は味醂、酒、隠し味の醤油などですが分量は好みに応じてどうぞ!
 尚、砂糖を入れると肉が硬くなるので使いません、甘味はリンゴなどで取ります。
 また熊肉以外の具材は、板こんにゃく、牛蒡、大根、長ネギ、豆腐など入れると良いでしょう。
 熊肉は温まるので寒い冬には良いですよ~
a0209488_8324457.jpg

a0209488_11503692.jpg

    ↑ 薄くスライスした肉に味噌、ニンニク、パイナップルなどで一日漬けた状態です。

a0209488_11504842.jpg

    ↑ 先ずは水、酒、味醂にリンゴを入れて1時間ほど中火で煮ます。
      (途中で食べてみて肉が硬かったらビールを加えて煮ると少し柔らかくなります)

a0209488_17575861.jpg

    ↑ 肉が柔らかくなったら豆腐と長ネギを入れて煮立ったら出来上がり~
   
a0209488_17581256.jpg

    ↑ 好みで唐辛子など振り掛けても美味しいですね。
[PR]
by sikisai02 | 2014-12-23 00:03 | たかが男の料理
 朔旦冬至
 今日12月22日は冬至ですね。
 でも今年の冬至は何時もと違い19年に一度の”朔旦冬至”と言って朔(新月)と冬至が重なる日なのです。
 朔旦冬至は月の復活と太陽の復活が重なる日と言うことで大変めでたい日と言われています。
 さて冬至の日にはかぼちゃを食べたり、柚子湯に入ったりすると健康で居られると言い伝えられています。
 昔は地元産のかぼちゃしか無かったので冬至の日まで保存して置くと水っぽいかぼちゃになってしまいましたが、
 最近は南半球など海外からの輸入品がありホクホクのが食べられますね。
a0209488_1647567.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-12-22 00:03 | 日々の発見