カテゴリ:山野草( 158 )
 能登の山野草 ハマボッス
 お坊さんが使う道具の一つの払子(ボッス)の形に花後の柄のある丸い実が似ているところか付けられた名前とか。
 私はそのボッスの形を知らないので似ているかどうかは解りませんが・・・
 でもこの花後のオレンジ色の実は目立って存在感があります。
 一見多肉植物に見えて「ベンケイソウ科?」と思いましたが、調べてみたらサクラソウ科オカトラノオ属とか、
 科や属の分類は何時も思うことですが意表を突いたものもありますね。
 全草が薬用で煎じて飲めば利尿、抗癌、抗腫瘍などに効くそうです。
 癌の薬となるとある意味、今後脚光を浴びるかも知れませんね。
a0209488_9234434.jpg
a0209488_9235539.jpg

a0209488_924468.jpg

a0209488_9241492.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-16 00:03 | 山野草
 能登の山野草 ハマゴウ
 濁りが無かったらかつてのやんちゃ政治家の名前かと・・・(笑)
 ハマゴウは海浜植物の中でもこの薄紫の控えめな花は結構人気があるようです。
 岩場などに根を張り、深く入り込むのではなく横に這っている姿はツタを連想させますが、
 常緑小灌木なので草では無く樹木の仲間となります。
 細かな産毛のようなもので覆われた葉は手触りが良く、裏は白色でちょっとビロードのような高貴な感じさえします。
 高貴と言えば花の香りもどことなく月桂樹(ローレル)に似ていますよ。
a0209488_8415327.jpg

a0209488_842786.jpg

a0209488_8421831.jpg

a0209488_8423585.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-15 00:03 | 山野草
 能登の山野草 コオニユリ
 最近少なくなったと言われているコオニユリも能登の海岸では良く見られます。
 オニユリとの違いはムカゴが出来ないところ、また大きさもより小さいのですが、
 強風に晒されやすい岩場などは植物全般に矮小になるので一概には言えませんが・・・
 夏の暑い盛りに大輪のオレンジ色の花を見付けると嬉しいものですね。
 海の色と良いコントラストです。
a0209488_835866.jpg

a0209488_835196.jpg

a0209488_8353254.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-14 00:03 | 山野草
 コマツナギ
 根元に馬を繋いでも切れないと言うほど強靭な茎を持つところから「駒繋ぎ」と名が付けられたようです。
 実際に馬を繋いだらどうなのかは実験していませんが、人間が引っ張ってもなかなか切れないのは事実です。
 そのコマツナギですが、最近は土止めに使うセイヨウコマツナギがよく見られます。
 花も似ているので混同されている人も居られるようです。
 セイヨウ○○は他にも色々あり、セイヨウタンポポはもとより飛騨ではセイヨウミヤコグサもあちこちに咲いていますが、
 これらの植物、西洋からの使者がジワーっと日本古来の自然を脅かしているように思えませんか?
a0209488_9225878.jpg

a0209488_9231386.jpg

a0209488_9232348.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-12 00:03 | 山野草
 ホタルブクロ
 夏の山道でよく見かけるホタルブクロは結構人気の山野草です。
 所によっては白いシロバナホタルブクロもあるのですが飛騨では専ら薄紫のホタルブクロがほとんどのようです。
 名前のようにホタルを閉じ込めて提灯に・・・なんて想像してしまいますね。
a0209488_6372219.jpg
 
a0209488_6374454.jpg

a0209488_638111.jpg

a0209488_6381415.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-31 00:03 | 山野草
 ハナウド
 セリ科でこのような花の植物の種類は多いです。
 普通大きなものだと迷わず「シシウド」と思いますが、これはシシウドでもミヤマシシウドでも無くハナウドです。
 違いは深く切れ込んだ鋭い葉です。
 シシウドなどは丸みがあるので区別も簡単、またオオカサモチはもっと細かく切れ込んだ葉っぱなのでそれとも区別が付きます。
 野外で見かけたら思い込まず詳しく調べてみると良いですね。
a0209488_647048.jpg

a0209488_6471494.jpg

a0209488_6472496.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-25 00:03 | 山野草
 ヤナギラン
 ランと名が付いてもランの仲間ではありませんが、花弁の形が似ているところから名付けられたのでしょう。

a0209488_1931394.jpg

a0209488_19311817.jpg

a0209488_19313368.jpg

a0209488_19314693.jpg

a0209488_19315914.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-22 00:03 | 山野草
 サワアジサイ
 サワアジサイはヤマアジサイとも呼ばれていますね。
 アジサイと言えば梅雨の最中の花とイメージされやすいですが、野生のアジサイはそれより遅く夏のイメージがありますね。
 本種もそうですがタマアジサイに至っては子供の夏休みの頃に開花します。
 夏は山へ登られる方も多く、登山道でこの花を目にされる方もきっと多いでしょうね。
a0209488_196984.jpg

a0209488_1962586.jpg

a0209488_1964544.jpg

a0209488_1965793.jpg

a0209488_197872.jpg

 
[PR]
by sikisai02 | 2015-07-18 00:03 | 山野草
 雨に濡れるアヤメ
 以前にも野生のアヤメを記事にしましたが、ちょうど梅雨の頃に高原に咲く紫色のアヤメは存在感がありますね。
 園芸種のカキツバタやハナショウブほど派手さはありませんが、草原には似合っている花だと思います。
 でも最近はそんな草原も姿を消した所が多く、何時かまったく見られない日も来るのではないかと心配になります。
 人間の生活を優先すると豊かな自然がその分削られて行くことになるのですが、生活が便利になるともう元へは戻れませんね。
a0209488_11103952.jpg

a0209488_11105035.jpg

a0209488_1111022.jpg

a0209488_1111924.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-14 00:03 | 山野草
 ウラジロヨウラク
 早朝に殺風景な山路を歩いていたら木漏れ日の中に初々しいウラジロヨウラクを発見!
 周りを見てもこの一本だけだったので特に目立っていました。
 ちょうど朝日が当たる場所だったので特に印象に残りました。
 新しい山路でこんな発見があると嬉しいもので山歩きの疲れも吹っ飛びます。
 釣り鐘状のこの花はツツジ科でドウダンツツジの仲間です。
a0209488_6363976.jpg

a0209488_6365333.jpg

a0209488_637549.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-09 00:03 | 山野草