カテゴリ:山菜と木の実( 55 )
 ヤマブドウの若い実
 梅雨の頃は草木が勢いを増して成長する時期です。
 田畑の作物同様に山奥でも花が実を結んで日増しに大きくなっています。
 ヤマブドウも遅い花の季節を終え実の赤ちゃんが目立つようになりました。
 今見るとたくさん実が付いているように見えますが、この中でどれだけの実が大きくなれるでしょうか・・・
a0209488_8545399.jpg

a0209488_855588.jpg

a0209488_8551670.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-11 00:03 | 山菜と木の実
 アカザ
 畑の雑草なので「山菜」のカテゴリには似合わないかも知れませんが、まあ食べられると言うことで・・・ 
 皆さんはこのアカザを食べたことがお有りでしょうか?
 私も久しく食べていませんが昔は時々茹でて和えたものを食べたことがあります。
 調べてみるとホウレンソウと同じアカザ科なので同じように使えるとのことでした。
 雑草も中には良い物もあるのですね。
 畑の手入れが追い付かず草ボウボウにしてしまったら「アカザを育てているのだ」と言い訳も効きますよ (笑)
a0209488_9303090.jpg

a0209488_9304529.jpg

a0209488_9305596.jpg

a0209488_931571.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-07-08 00:03 | 山菜と木の実
 コシアブラ
 もう既に平地では終わってしまったコシアブラ(木の芽)の山菜。
 それでも標高の高い所では今が旬です。
 何だか忘れた頃の恵みなので嬉しくなって少し収穫して来ました。
 天ぷらとお浸しにしましたがまだまだ春の香りがしましたよ。
a0209488_19354584.jpg

a0209488_1936476.jpg

a0209488_19362247.jpg

a0209488_19363290.jpg

a0209488_19364474.jpg

a0209488_1936552.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-23 00:03 | 山菜と木の実
 ネマガリタケ
 山奥のチシマザサ(ネマガリタケ)の根元には残雪が無くなると筍が出て来ます。
 筍と言っても笹の一種なので笹の子と言った方が適当かも知れませんが、土地では「タケノコ」で通っています。
 孟宗竹に比べアクが少ないので特別なアク抜きはしなくて良く、茹でて皮を剥くだけです。
 味噌煮や焼いて食べると美味しく、特に皮のまま炭火で焼き、熱々のうちに皮を剥いで味噌を付けて食べるのが私は好きです。
 ただ採るのは大変な苦労で、曲がった笹を掻き分けて彷徨するのはかなり疲れます。 
a0209488_7233252.jpg

a0209488_7221726.jpg

a0209488_7223566.jpg

a0209488_7224888.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-09 00:03 | 山菜と木の実
 山菜採り
 春から初夏にかけては山菜の季節です。
 代表的なものは蕗にわらび、ぜんまい、うど、タケノコなどですが、
 あまり知られていないものも道の駅の産直などに並んでいますね。
 アクの強いもの、ほとんど感じさせないものと色々で、食べ方もまた色々です。
 体内の毒素排出のためにも少しは食べておきたいですね。
a0209488_18304353.jpg

a0209488_18305784.jpg

     ↑ 上2枚 山ウド

a0209488_183197.jpg

a0209488_18312470.jpg

     ↑ 上2枚 ソバナ

a0209488_18313666.jpg

a0209488_18315148.jpg

     ↑ 上2枚 山ワサビ

a0209488_1832574.jpg

a0209488_1832183.jpg

     ↑ 上2枚 モミジガサ
[PR]
by sikisai02 | 2015-06-05 00:03 | 山菜と木の実
 ふきのとう
 カレンダーはもう6月に入ったのにまだ山奥には雪が残っています。
 芽吹きの早いブナの葉は新緑そのものでまだ春の感じがします。
 そして雪が溶けた所にはふきのとうが顔を出しておりまるで2~3ヶ月前にタイムスリップしたようです。
 春先にたくさん食べたので今更・・・と言うことで採っては来ませんでしたが、
 この時期のふきのとうはアクも少なくて美味しいですよ。
a0209488_1815326.jpg

a0209488_18155012.jpg

a0209488_1816374.jpg

a0209488_18161546.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-06-03 00:03 | 山菜と木の実
 野山に遊ぶ (ふきのとう)
 春にいち早く出て来るふきのとうは山菜として利用する人も多いのでお馴染ですね。
 「今頃ふきのとうだなんて・・・」と思われるかも知れませんが、飛騨の山奥では今が旬です。
 残雪が溶けた所から順に姿を現し、多い所では1か所でたくさんの収穫が出来ます。
 蕗味噌を作っても良いし、天ぷらにしても美味しいですね。
a0209488_8393545.jpg

a0209488_8394757.jpg

a0209488_8395842.jpg

a0209488_840935.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-04-20 00:03 | 山菜と木の実
 干し柿作り
 大人の男の握り拳ほどもある大きな蜂屋柿です。
 干し柿には少し時期が遅いのか、それとも干す人はもう干してしまったので需要が無いのかで半額でした。
 今年は干し柿を作らないつもりでいたのですが予定を変更です。
 今まで色々な柿を干しましたが、蜂屋柿は初めてです。
 美味しくなってくれると良いのですが・・・
a0209488_18155563.jpg

a0209488_18175192.jpg

a0209488_1818225.jpg

a0209488_18181319.jpg

a0209488_9452577.jpg

a0209488_9461185.jpg

       ↑ 柿の皮は捨てればゴミになりますが、干しておいて来年のたくあん漬けにでも使いましょう。
[PR]
by sikisai02 | 2014-12-10 00:03 | 山菜と木の実
 クレソンもまた辛くなる季節です
 飛騨の山奥、湧水のある沢には良くクレソンが見られます。
 沢わさび同様晩秋には辛くなるのでこの時期に少し摘んで来ます。
 クレソンはステーキの添え物に使うことで知られていますが、あっさりとサラダにするのも美味しいです。
 マヨネーズも良いしドレッシングでも・・・ またおひたしにするのも良いですね。
 秋の澄んだ青空のような「つ~ん!」とした爽やかな辛味が感じられました。
a0209488_5285781.jpg

a0209488_5291088.jpg

a0209488_5292193.jpg

a0209488_5293158.jpg

a0209488_9562429.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-11-21 00:03 | 山菜と木の実
 サンカクヅル
 昨年も作ったサンカクヅルの実のジュース、味わいがヤマブドウより優れていると思うので今年も作るつもりです。
 そうなると実の生り方が気になりますね。
 ヤマブドウもそうですが、全体に今年の木の実は不作傾向でなかなかたくさん生った蔓に出会えません。
 それにサンカクヅルの葉はヤマブドウのように大きくないので見付けるのも大変、しかも雌雄異株なのでほとんどが付いていない蔓ばかり・・・
 今年はちょっと苦戦しそうです。
a0209488_1447767.jpg

a0209488_14471945.jpg

a0209488_14473051.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-11-10 00:03 | 山菜と木の実