奥能登皆月から吉浦へ
 奥能登と言うと能登半島の珠洲市がある先端部分を思い浮かべるのですが、
 途中に空港が出来たりして交通の便は昔と比べて随分良くなりました。
 狼煙の灯台やランプの宿も観光客が増えて賑やかになっています。
 その点交通の便からの奥能登はと言うと、輪島から門前に至る外浦の海岸沿いだと思います。
 その間だけは海岸沿いに道路が無いため途中で内陸に大回りしないと周遊出来ないからです。
 今年のNHKの朝の連続ドラマ”まれ”の舞台になっている大沢辺りもそんな感じですね。
 今回はそれより更に辺鄙な皆月から吉浦を訪ねてみました。
 細い道路を使わない限り吉浦で行き止まりの感があります。
 吉浦の先の猿山の山腹には猿山灯台が・・・その周辺は春には雪割草が咲く山でもあります。
 人を見かけない小さな集落と急斜面の海岸部、そして青い海を見ていたらやはりここは奥能登だと感じました。
a0209488_11102777.jpg

     ↑ 遠く猿山(猿山灯台)方面を望む

a0209488_1121959.jpg

     ↑ 猿山灯台

a0209488_111472.jpg

     ↑ 吉浦の集落

a0209488_113112.jpg

     ↑ 同上

a0209488_1134131.jpg

     ↑ 皆月方面を望む

a0209488_114161.jpg

     ↑ 五十洲(いぎす)集落


[PR]
by sikisai02 | 2015-08-17 00:03 | 気ままにお出かけ
<<  新しいブログへ引っ越しました  能登の山野草 ハマボッス >>