能登の山野草 ハマボッス
 お坊さんが使う道具の一つの払子(ボッス)の形に花後の柄のある丸い実が似ているところか付けられた名前とか。
 私はそのボッスの形を知らないので似ているかどうかは解りませんが・・・
 でもこの花後のオレンジ色の実は目立って存在感があります。
 一見多肉植物に見えて「ベンケイソウ科?」と思いましたが、調べてみたらサクラソウ科オカトラノオ属とか、
 科や属の分類は何時も思うことですが意表を突いたものもありますね。
 全草が薬用で煎じて飲めば利尿、抗癌、抗腫瘍などに効くそうです。
 癌の薬となるとある意味、今後脚光を浴びるかも知れませんね。
a0209488_9234434.jpg
a0209488_9235539.jpg

a0209488_924468.jpg

a0209488_9241492.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2015-08-16 00:03 | 山野草
<<  奥能登皆月から吉浦へ  能登の山野草 ハマゴウ >>