ヅメ (ヨメガカサ)
 先日能登半島でヅメと言う貝を採って来ました。
 ヅメは能登での呼び方で山陰ではボベと呼ぶそうです。
 平たい笠のような形をしており正式にはヨメガカサと言う名で図鑑に出ています。
 直径は5㎝足らずの小さな貝ですが、身はアワビのような形をしていて美味、北陸や山陰では炊き込みご飯や塩茹でにして食べられています。
 でも採るのは大変で刺激を与えると岩にくっ付いてしまいなかなか剥せません。
 皆さんマイナスドライバーのような道具を使って採るようですが私はナイフを使いました。
 磯の潮溜まりには他にもシッタカやカメノテなどが居ます。
 これも食べられるので一緒に採って来ました。
a0209488_4134779.jpg

a0209488_4135930.jpg

a0209488_4141077.jpg

a0209488_4142181.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2014-05-28 00:03 | 気ままにお出かけ
<<  万波高原のミズバショウ  クロツグミ >>