千巻工芸
 飛騨高山の工芸品と言えば一位一刀彫や一位細工、飛騨春慶塗りなど色々あるのですが、
 この千巻も歴史は新しいですが、いかにも木の國飛騨高山を思わせる工芸品だと思います。
 薄く剥いだコメツガの木を幾重にも巻いてロクロに掛ける、
 そして磨き上げて食器やお盆などに仕上げたものは人の手間が美しい一品となって残ります。
 手に馴染む温か味が感じられる作品です。
a0209488_17374447.jpg

a0209488_17375769.jpg

[PR]
by sikisai02 | 2012-06-04 00:30 | 飛騨からのあれこれ
<< ヒヨドリの好物は・・・ 馬蹄香 (バテイコウ) >>